ギャベ GABBEH

2010年に無形文化遺産に登録されていたんだなぁ…と、それを知りませんでした。

だからかな?やたら販売されているなぁ…って思っていたのです。

要するに、それを機に知られるようになったってことかな?

GABBEH

2010年、ギャベはユネスコ世界無形文化遺産に登録

イラン・イスラム共和国の南西部に位置するシラーズ州を遊牧する部族カシュガイ(カシュカイ)族、ルリ族などによって織られる遊牧民の手織り絨毯の略称

もともとは、山岳地帯を移動する彼らの生活の中で、羊の毛をざっくりと織ってふかふかに仕上げて、ベッドとして使うために織られてきた手織り絨毯

このサイトの会社の展示を拝見したのでした。

ギャッべを織るカシュガイ族は単一民族ではなく、5部族(カシュクリ族、シシブルキ族、ダルシェリ族、アマレ族、フェルシマダン族)の連合体

と、書いてあったのですが、どちらのサイトの記載が正しいのでしょうか???

図を探すために検索していたら、ギャベ風がたくさんありましたね。

だから、どれが本物なのだろう…?わからないなぁ…と思いました。

本を読むと詳しくなることができるのかなぁ…

 

私が知ったときは、作り手が他の仕事をした方が収入がいいので、大変な手作業を辞める人が増えているので…なんて伺っていたのはこれじゃないのかなぁ…?と思いながら、たくさん出回っている理由が世界遺産登録だったんだなぁ…と理解しました。

相良刺繍

相良刺繍を体験させていただきました。といっても、柄をつくるなんて…そんなレベルではありませんが、やってみて判ったことがありました。

大きさを揃えた刺繍は難しい。

この単純な作業…といいたいところですが、キレイに大きさをそろえ、向きも変えて刺すことによって表情が変わるということを知りました。

蘇州、スワトウ、相良刺繍は、三大刺繍と言われている一つだそうです。

 

ちゃんとやり方も動画であるのですね。

美の壺 刺繍

奢侈禁止令(しゃしきんしれい)という江戸時代の法令。金糸を用いた刺繍がほどこしてある品物や、鹿の子絞りなどを用いたキモノなどは、町人には贅沢すぎるということで禁止令が出たのでした。

江戸時代、段階を経て禁止令が続々出ているようですが、着用され支払われる工賃があるからこそ現代に残った技術ですね。

 

日本 相良刺繍(縫いつぶし)の紙入れ(江戸後期)

スゴイ…と思わずビックリしました。江戸時代のものが残っているのですね。

 

刺繍には見えない…

こちらは刺繍とわかりますね。

 

日本では刺繍される方が減っている…と言われていますが、素晴らしい技術。

江戸時代にあった贅沢品たちは、現在は後継者がいないものも多々あるかもしれませんね。

どの時代にしても日用品とは言えない技術ですね。途絶えて復活させるのは大変と伺います。いろんな技術が途絶えてしまわないことを願いますが、伊勢神宮は途絶えてしまわないようにとそれぞれの職人さんたちが雇われているのです。どの時代も途絶えたりする可能性が見えていたのでしょうね…伝えることが組み込まれている祭事。

 

 

大島紬

昨日、着物で着物屋へ出かけていきました。
洗い張りに出していた着物は出来上がっていないかなぁ…?という思いなどをもって。
出来上がっていたのですが、量が多くて…持ち帰るには難しかった。

ただ、その日にきていた着物。実は、働き始めて最初の頃に購入したもの。
帯はどこの産地なんだろう…?など、まったくの無知のまま購入していたものでした。
洗い張りに出していたものも、そんな感じ。
教えてもらおう~って、産地等を教えていただきながら、やはりその道のプロに伺うのが一番だわ…と思わされました。

そうやって、自分の持っているものについて教えていただきながら、言われたのは「これは今となっては作れない」など…。
技術を持っている人がいなくなった(他界した)とか、後継者がいない話を多々伺いました。

大島紬についても、白大島は、健康上の配慮から作業時間に制約がある…知りませんでした。


よくわかる!大島紬
というサイトに大島紬の分類が書いてありました。
大島紬村
本場奄美大島紬協同組合
本場大島紬

本場大島紬認定伝統工芸士

インターネット上では検索しても見つからないと言うことだけはわかったのですが、2点。気になって後から調べたいことを書きます。

その1 白大島を織る?作業は、目に悪いと言うことで、作業時間制限がかかっていると言うこと。
その2 作業時間制限により織ることを身に付けても生活費として収入が得にくいので後継者が生まれにくいということ。

伺ってわからない…って、どうやったら調べることができるかの方がわかりにくい話ではあります。
だけど、世界遺産に登録されている数が日本は少ない…という話を伺うのですが、富山製糸工場など遺産…確かに遺産だけど、使われていない建造物の世界遺産登録より、様々な伝統工芸品として登録して残す努力をしている…かもしれませんが、世界遺産として登録されて残されていく方法を検討する人たちを増やす…そんな努力をする必要があるのでは?と考えさせられました。
日本の世界遺産に登録されているものはイタリアなど他国に比べると少ないとか。
今は増えたかしら?

染色する技術もできる人がいなくなっている…など、どの分野も確かに「伝統工芸品」ということで日本として残す努力をしているかもしれません。だけど、世界単位で見ても素晴しいものは…国を超えて残るために取組めるようになるといいなぁ…と思わされたのでした。

充電式掃除機

安くなっている…らしい。
そう思いながら、掃除機を眺めていました。
その掃除機は、充電式。
そして、充電した後に、一部分取り出し、小型掃除機のように扱えるらしい…って自動車の座席のごみを吸い取ってもらうにはいいなぁ…と眺めていました。
なぜ安くなっているのだろう?疑問から、尋ねたら…いろいろと説明してくれました。

記録しておかないと覚えていられない…これが本音です。
だから、記録します。

まず、ダイソンというメーカーすら知らなかった。
充電式を購入しようと思ったこともなかった。

いろいろと教えていただいたけど、気になったことは2つ。なので、2つについて書いておきます。

その1 日本以外では充電式が主流だということ。
日本は明治以降の家にはコンセントがあって当たり前という生活…と言われて、確かに…。だけど、ヨーロッパなど、昔ながらの家がいまだに使われている…って、コンセントがないのが普通と知りました。なるほど…。
だから、充電式掃除機が主流らしい。

コードレス掃除機おすすめランキング2016&メーカー5機種比較。に書いてあったことは、ダイソン以外を使って分かったことと。正直、この比較は私には高度。よって、教えてもらったことを書かなきゃ…。

その2 バッテリー電池の種類を見る

ニカド電池(ニッカド)
ニッケル水素電池
リチウムイオン電池
の3種類がある。

私が買ったのはリチウムイオン電池のモノ。

日立 コードレス スティッククリーナー ディープシャンパン PV-BC200 N


これは便利そう…って、30分くらいで充電できるから思った。
だけど、とりあえず…つかってみるというところで、30分充電は魅力的だったけど、違うものに。

決め手は…単に安くなっているということと、コードアリを主に使っている状況。電気代と思ったらどちらが高いのかなぁ…なっど、いろいろ考えてみていました。

後で書き足すようにします。

レイモン・ペイネ  Raymond Peynet 

とりあえず…うまく自分自身でもアクセスできなくなってしまうくらい、ホスト管理のやり方を知りませんでした。大変…。

これを機に覚えていこう…。

 

このサイトに記録していってた内容をほかに書いてみたりもしてましたが、広告がつかないなど便利なのはやっぱりこのサイト。

感謝。

つながりました。

 

調べたくて…という画家さんがいて、記録するスペースを…ってこまってたのでした。

レイモン・ペイネという名前を知らずに、スマホの待ち受け画面に使ってました。

教えてもらった~と、覚えたつもりでも「サイモン」とか覚えて…検索しても出てこない。仕方ない…改めて教えていただいて…その画家さんについて書いた紙までいただきました。感謝。

 

待ち受けにしている絵がどれか?この中にはなさそう?

わかっていないかなぁ…。

ペイネの恋人たち
という言い方で世界的に有名なんだそうで…もう他界されていることも知りました。

有名なんだ…。

 

いろんな絵があることも知りました。感謝。
メルヘンの世界☆レイモン・ペイネの画集コレクション
いろんな絵が紹介されているのですが、「レイモン・ペイネ」とタイトルあるのは、絵のタイトルなのかしら?

 

映画もあったみたい?今あっている?

 

ペイネ・愛の世界旅行

Raymond Peynet 
あきらめずに検索していると、詳しいサイトにあたるものですね。

私の待ちうけ画面の絵のタイトルはわからなかったけど、いろんな絵があることを知ることができてよかった。

あと、開くことができてよかった。